postheadericon 材質や世界

夕焼け空

材質について
四角やひし形など網目の模様の多さもかなりの種類が有りますが、材質に関しては鉄などを使った金属製が主流で錆びに強いステンレスネットも有ります。
錆びに強いと言う事もあって屋外のガレージや物置サッシなどに利用されています。
又、耐久性に優れていて丈夫なので網の張り替えが困難な場所での利用に向いています。
最近ではステンレス製だけでは無くポリプロピレンやポリエチレン、グラスファイバー製の網を使用している場所も増えてきています。
金属加工の世界
金属加工は人類の歴史に欠かせない技術のひとつです、なぜなら、丈夫で硬い金属は壊れにくく、誰が扱っても安全に使うために工夫を凝らして、発展して来たからなのです。
誰もが扱える金属製品を大量生産するために、工場が作られ、やがてはその産業や経営の形まで変えてしまったことから、金属加工は人類にとって大きな技術の枠組みでもあるといえます。
かつて職人の技に頼るしかありませんでしたが、今では機械が生産をしており、その加工技術を次世代も継承できるようになっているのです。

金網やフェンスの加工
金網やフェンスは主に針金などを塗装したもので編みこまれているものが多く、編み目も多彩で、その用途によってさまざまな形に作られています。
家や施設の外枠だけでなく、花壇に使える園芸用や、動物の檻に使える物、乗り物に使われる物など、日常で使われている網のほとんどが金属加工によって生み出されています。
フェンスなどは簡易的でも、壊れにくいつくりになっていて、それぞれがすべて、金属加工による技でつくられているのです。
地元工場の技
日本の工場は加工技術がとても洗練されていて、今日も地元工場では多くの製品げ生み出されています。
たとえばオリンピックなどで今つかわれている鉄球も、実は日本の工場で職人が手作業で作り出したものが使われているのです。
職人ひとりひとりの金属加工技術が今も、ロボットや機械のオート生産では敵わないほどの精密であり、長年つちかった勘と経験がその技をささえています。
日本での金属加工なら是非、工場の技術を実感してください。

postheadericon 歴史

緑のフェンス

歴史について
金属加工の歴史はとても古く、先史時代にも遡るらしい。
もちろん誰が初めにしたかなど知る由もありません。
古代エジプトでは、金の加工も行われていたようです。
生活の道具を作るために必要であり、また戦争の武器のためにも金属を加工することはとても重要だったことは容易に想像できます。
例えば青銅。
銅に錫を混ぜた合金でありますが、これは紀元前3000年くらいに発明されたらしい。
場所はメソポタミア文明。
とても歴史があります。

金網のこと
大きいものから、小さいものまで、幅広く加工される金属ですが、今回は金網について考えてみたいと思います。
金網とは金属で出来た網の事でありますが、よく野球場などで見かけられます。
なぜ野球場かと言えば、それは金網の特性がとても生かされているからであります。
飛んできたボールが見ている人に当たらないための保護、であり、見る人の視界を確保、この両方を容易に出来るのが金網です。
また金属の加工が容易であることも金網が普及したことと大いに関係があり面白い点である。

金属加工について
金網やフェンスと呼ばれる物は身近な所に有ります。
公園の周りや立ち入り禁止区域に設置されている物、家庭では台所用品のふるいにも金網が張られています。
又、工場などでは特殊なフィルターを使用している所も有ります。
金網とは金属製で網目を形成している全ての物を指します。
その種類や役割は様々で私達の生活や経済活動を支えてくれています。
これからも金属製のフェンスは多くの用途で利用される潜在的な可能性を秘めています。
色々な種類
金網と一言で言っても金属加工の技術によって多くの種類を作りだす事が出来る様になりました。
フェンスなどで多く利用されている織目模様のフェンスはきめが細かく専用の織機を使って縦線と横線を交差させて作ります。
線の太さと目の細かさの組み合わせによって細かく調整が出来るので、用途に合わせて様々な種類を作る事が出来るのが良い点です。
例えば網目を細かくして昆虫や小動物の侵入を防ぐ事が出来るなど防除用途にも利用されています。

最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930